露塵日記

東北発の食をメインとしたライフハック系雑記。

最終更新日:2019年7月23日 11時43分閲覧回数:126

20190703-畑

2019年7月3日(水)。 曇。 15時30分〜19時30分まで作業。 ・枇杷ヒャッハー! ・筍の収穫。 ・青竹の伐採。 ・馬鈴薯の跡地に甘藷の苗を移植。 ・大根の収穫。 ・周辺の環境整備(草刈り)。 梅の収穫後に畑に足を運んだ所、枇杷が大量に実をつけていたので収穫した。 生まれて初めて大量の枇杷を見た。 左手で枇杷を食べつつ右手で収穫するという、まさに「枇杷ヒャッハー!!」状態。 枇杷収穫が一段落して周囲を見渡したら筍もヒャッハー状態だった。 青竹もメンマのために必要なので収穫したところ、これまでで最も重い収穫量となった。 その後、約1週間は台所無双だったが、後悔はしていない。
20190703-01.JPG
10日ぶりに畑に足を運んだら、枇杷がたわわに実っていた。ヒャッハー!!
20190703-02.JPG
これほど沢山の枇杷を入手するのは生まれて初めて。
大きな葉の影に、オレンジ色の実が隠れている。
20190703-03.JPG
木に登って高いところの実を収穫。
20190703-04.JPG
牛蒡の蕾が色づいてきた。
アザミの花のような感じ。
20190703-05.JPG
牛蒡全景。大きなオナモミのように見える。
20190703-06.JPG
人参の芽は順調に生育している。
今年の長雨が幸いした唯一の事例かもしれない。
20190703-07.JPG
里芋も頑張っているようだ。
20190703-08.JPG
ツルムラサキの発芽状況は微妙。
てっきり今年も猛暑になると思い、暑さに強い作物の種を蒔いたのだが、失敗したかも。
20190703-09.JPG
前回、凄まじい苦労の末に開墾した場所にニョッキリと竹が生えている。
無数の筍も生えている。おのれ!
20190703-10.JPG
甘藷は完全復活した。
伸びた蔓は、馬鈴薯の跡地に植えてやろう。
20190703-11.JPG
甘藷と落花生の三角畝はそれなりに順調。
20190703-12.JPG
昨年秋に種を蒔いた葱。
なんとか冬越しした個体が大きくなってきた。
ここまで来るのが予想以上に大変だったので、葱は種で育てるものではないと痛感。
20190703-13.JPG
大根の花が咲いている。
種取り用にしよう…と思いつつ、太く大きい青首を出しているものは収穫。
20190703-14.JPG
猪に掘り荒らされた馬鈴薯は全滅した。
馬鈴薯の隙間に蒔いた大豆は無事だったが、雑草が跋扈しすぎ。
20190703-15.JPG
トウ立ちして花をつけた春菊と大根。
ここの大根のうち、トウ立ちしていないものを収穫した。
20190703-16.JPG
大豆、春菊、キャベツのカオス畝は、大豆が優勢な感じ。
20190703-17.JPG
ミントテロは順調に進んでいる。
20190703-18.JPG
春菊の花は香りは酷いが色と形はキレイ。
20190703-19.JPG
本日の収穫その1。大量の筍。
20190703-20.JPG
本日の収穫その2。大量の筍とスーパーの籠いっぱいの枇杷。
20190703-21.JPG
本日の収穫その3。大根5〜6本、馬鈴薯、バケツいっぱいの梅(これは他の場所で収穫)。
総重量は30kgを超えたと思う。いろいろと大変だった。

コメント

当フォームより収集される個人情報は、返信を要する際に使用されるものであり、法令に基づく行政機関等への提供を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。また、コメントが掲載される場合であってもメールアドレスが本サイト内に記載されることはありません。