更新 2018.6.12 16:32 499

2018年1月の内食

年末年始にインフルエンザに罹患したため上旬の写真はなし。 インフルエンザで熱が下がらなかった理由は11月から12月にかけての動物性蛋白質&脂質不足と判断したため回復期から肉類を増やしている。 やはり冬場は蛋白質&脂質を多めに取らないと体力低下が著しい。 ところで1月中旬から下旬にかけて全国的にインフルエンザ警報が出ているが、A型とB型が混在しているので、「1回かかったから大丈夫♪」と油断しないようにとのニュースとほぼ同時に大寒波到来。寒いと発症しやすくなるので、通販で購入した豚の髄液(ラーメン龍の家の「こく味」。旨かった)を中食*とした。再感染しなければ良いのだが。それにしても今年のインフルは世界的に大流行しているという話だがパンデミックなのだろうか?
*なか‐しょく【中食】 [名](スル)《「ちゅうしょく」とも》弁当などの調理済みの食材を買って持ち帰り、職場や家庭などで食べること。また、その食事。「中食産業」→内食 (うちしょく)  →外食 中食(なかしょく)の意味 - goo国語辞書
javascript を有効にするとメニューも分かります。
20180105.JPG
20180108.JPG
20180109.JPG
20180110.JPG
20180111.JPG
20180112.JPG
20180113.JPG
20180114.JPG
20180115.JPG
20180116.JPG
20180117.JPG
20180118.JPG
20180119.JPG
20180120.JPG
20180121.JPG
20180122.JPG
20180123-1.JPG
20180123-2.JPG
20180124.JPG
20180125-1.JPG
20180125-2.JPG
20180126.JPG
20180127.JPG
20180128.JPG
20180129.JPG
20180130.JPG
20180131.JPG

コメント

当フォームより収集される個人情報は、返信を要する際に使用されるものであり、法令に基づく行政機関等への提供を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。また、コメントが掲載される場合であってもメールアドレスが本サイト内に記載されることはありません。