更新 2019.1.13 18:08 2543

【節約生活】食べられる雑草スイバ・ギシギシのおいしいメニュー

食べられる雑草メニュー第一弾。 スイバ・ギシギシは、外国ではソレルという名でサラダなどに用いられるそうだ。(ちなみに当サイトでは生食しません) シュウ酸を多く含むので、茹でた後に水でよく晒すことがポイント。 基本的に法蓮草と同じ食べ方ができるので、冬の青物不足解消にもってこいかも。
2019年1月13日追記。 ページの末尾に写真を追加したが、下茹で後のスイバ・ギシギシを麻婆豆腐に加えるとべらぼうに旨いことが判明。ぜひお試しあれ。
suiba-00.JPG
スイバ・ギシギシのメニュー開発途中なのだが、おススメ料理が4品できたのでご紹介。 元々が雑草なので、安価で旨いことをモットーにしている。
suiba-01.JPG
スイバ・ギシギシ全草。 小松菜や法蓮草のような大きな葉と、牛蒡のような太い根が特徴。 庭や公園、空き地や河川敷でよく見かける。
suiba-02.JPG
採取したスイバ・ギシギシは、水でよく洗う。 葉の裏に虫卵が付着していることがあるが、洗い流せば無問題。 水道料金が心配な時は、バケツに貯めた水で洗うと良い。
suiba-03.JPG
洗った後、葉と茎を分ける。 これは、茎の方が酸味が強く固いため、加熱&水晒の時間が葉とは異なるからである。
suiba-04.JPG
鍋に湯を沸かし、葉を1〜2分ほど茹でる。 塩または重曹があれば、湯の中にティースプーン1杯程度加えるとアク抜きが進む。
suiba-05.JPG
ボウルに水を張り、茹でた葉を入れ、数分ほど水に晒す。 法蓮草や小松菜のように、1回晒すだけでも無問題。
suiba-06.JPG
手で絞った後、包丁でザクザク切る。 これで葉の下処理完了。
suiba-07.JPG
葉を茹でた後の鍋に茎を投入、2〜3分ほど茹でる。 茎の太さによって湯で時間が変わるため、味見しつつタイミングを見計らうと良い。 連続して作業する場合は、ステンレス笊の中に葉や茎を入れ、笊ごと茹でると時間短縮になる。
suiba-08.JPG
茹で上がったら水に晒す。 かなり黄色っぽく変色するが、バグではなく仕様です。
suiba-09.JPG
ここからは食べ方編。 葉も茎も酸味があるので、お浸しよりは野菜炒めで食べる方が美味しい。 細かく刻んでフライパンで軽く炒め、塩胡椒大蒜で味付ける。
suiba-10.JPG
シンプルなスイバ・ギシギシ炒め。 副菜としても良いし、ラーメンのトッピングにしても旨い。
suiba-11.JPG
Wikipediaによると、シュウ酸は骨などのカルシウムと結びつき、結石の原因になると考えられているそうだ. しかし、カルシウムと一緒に食べると腸内でシュウ酸塩になり、体内に吸収されにくくなるらしい。 ということで、ヨーグルト(サワークリーム)と和える。
suiba-12.JPG
カルシウムを多く含む胡麻を加えると、香ばしさもアップ。
suiba-13.JPG
塩胡椒で味付けしたら、スイバ・ギシギシのヨーグルト白胡麻和えの出来上がり。 ヨーグルトとスイバ・ギシギシの酸味に、白胡麻の香ばしさが絶妙の風味を齎して旨い。
suiba-14.JPG
若芽&ナッツ(今回はサンフラワーシード)と酢を加えてサラダにしても良い。 海藻のカルシウムも加わるので、シュウ酸対策も万全である。
suiba-15.JPG
乳製品が苦手な場合は、小魚と一緒に砂糖醤油で軽く炒めても旨い。 仕上げに黄粉をまぶすと、魚系と大豆系の2種類の蛋白質の旨みが加わり絶品。 猛烈にご飯が進む。
suiba-16.JPG
茹でた後の茎は、軽く炒めると食べやすくなる。
suiba-17.JPG
単体で食べても良いし、炒飯の具材として用いても良し。 茎は葉よりも酸っぱいので、茎だけを使う場合はこまめに味見するとイイヨー。
suiba-18.JPG
茹でた茎を炒めずに食材として用いた際、最も美味しかったのが、 水で戻した茎ワカメを刻み湯通ししたもの+生大根の千切りと合わせたサラダである。 味付けは塩胡椒に酢と油を適宜加えるだけ。 新メニュー『茎クキサラダ』と名づけたが、クキクキ、コリコリといった食感が素晴らしい。 ナッツや胡麻、ツナや鯖缶、ハムや茹で卵などの蛋白質を加えると豪華な一品になる。
suiba-19.JPG
2019年1月13日追記。 茹でて刻んだスイバの葉と茎を麻婆豆腐(の仕上げ)に加えると、甘辛味噌に程よい酸味が加わり非常に旨い。 木綿豆腐はカルシウムを多く含むため、シュウ酸問題も解決して嬉しいメニューである。

コメント

当フォームより収集される個人情報は、返信を要する際に使用されるものであり、法令に基づく行政機関等への提供を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。また、コメントが掲載される場合であってもメールアドレスが本サイト内に記載されることはありません。