露塵日記

東北発の食をメインとしたライフハック系雑記。

最終更新日:2019年9月21日 10時42分閲覧回数:688

【節約生活】スベリヒユの食べ方(下処理編) (コメント:2件)

畑の雑草扱いされているスベリヒユには、ω-3脂肪酸という必須脂肪酸が多量に含まれている。 調べてみると、ω-3脂肪酸というものは神経や肉体に良い影響を及ぼすものらしく、世界各国でも食べられているそうだ。 基本的に雑草でありながら栄養価も高いとは、節約生活にもってこいの食材である。 ちなみに、山形では「ひょう」と呼び、スーパーにも並ぶという話だ。山形県民の知性の高さは食生活に由来するのであろう。 さっそく食べてみたところ、ちょっと酸っぱく、若干のぬめりとシャキシャキした歯ざわりが旨く、夏の定番野菜になりそうだ。 蛇足だが、スベリヒユはどこにでも生えているとはいえ、極力綺麗な環境下で採取しよう。
hiyu-01.JPG
山形では「ひょう」とも呼ばれるスベリヒユ。
畑のあちこちで、こんな風に繁茂している。
hiyu-02.JPG
収穫したスベリヒユは水洗いした後、キッチンバサミで根を切る。
鮮度が落ちると葉が取れてしまうので、収穫当日又は翌日に行うと良い。
hiyu-03.JPG
赤い線のあたりでハサミを入れる。
hiyu-04.JPG
根を切った後、スベリヒユ本体をキッチンバサミで短く切る。
hiyu-05.JPG
若干アクが強いので、重曹または塩を小さじ半分くらい入れて茹でる。
料理によって茹で時間がことなるが、1〜2分程度でOK。
スベリヒユを投入後、再沸騰してから30秒位と考えれば良い。
ちなみに、茎が太いものは時間がかかる。
hiyu-06.JPG
茹で上がったら、笊に揚げて水で冷やして絞る。
重曹水で茹でると、茎の赤みが増して食欲をそそる。
hiyu-07.JPG
ギュッと絞ったら、好みの味で食べると良い。
スベリヒユはリンゴ酸を含んでおり、さっぱりとした酸味があるので、
酢味噌和えやサラダにすると旨い。

2018年8月23日追記。
独特の酸味はどうもシュウ酸らしい。
コメントでご指摘下さったなおさん、ありがとうございました。

コメント

>なお様 コメントありがとうございます。 なるほど、茎だけを干すのですね。 それなら太い茎でも美味しく頂けそうです。 「山形ではスベリヒユを干して食べる」という情報はあれど、 どのように干すか分からなかったので助かりました! さっそく挑んでみたいと思います。
ブログ楽しく読ませて頂いております。 スベリヒユの記事面白かったです。 私は宮城県北の在住ですが、スベリヒユは葉をとり、煮こぼしてから茎のみを干してから水戻しで使用します。 高野豆腐や厚揚げなどの煮物です。 シュウ酸が強いと聞いていましたので、茹で干しになります。 コリコリとしておいしいですよ! これからも楽しみにしております。

当フォームより収集される個人情報は、返信を要する際に使用されるものであり、法令に基づく行政機関等への提供を除き、ご本人の同意を得ずに第三者に提供することはありません。また、コメントが掲載される場合であってもメールアドレスが本サイト内に記載されることはありません。