yakisoba-01.JPG

北関東風ポテトフライ入り焼きそばの作り方 (画像 7枚)

北関東の隠れた名物、ポテトフライ入り焼きそばの作り方を覚書。市販の焼きそば(3食入り粉末ソース付き)でも十分旨い。 深谷の某名店風に仕上げたい場合は、ポテトフライの揚げ油を使って野菜と麺を炒めると良い。

かて飯
potato-01.JPG

北関東風ポテトフライの作り方 (画像 5枚)

北関東の数少ない良い思い出として、「いもフライ」が旨かったことが挙げられる。スーパーの惣菜売り場で当たり前のように串刺しいもフライがあり、いもフライをメニューにする飲食店も多く、お手軽な軽食といった風情だったが、実際に作るとなると、実はかなり手間暇かかるメニューだと判明したので覚書。 北関東の地…

かて飯
iwate-00.JPG

夏の岩手路。平泉わんこそばと北上の鬼剣舞を堪能ス。 (画像 25枚)

2017年の8月は雨が続いて冷夏だが、昨年までの夏は暑かった。 写真整理をしていたところ、昨年夏に岩手の伝統を堪能した記録が見つかったので今更ながら写真を載せる。 ちなみに、北上市の鬼剣舞はべらぼうに格好良い。日本の特撮における戦隊モノの土台には鬼剣舞や鹿踊のような東北の伝統文化があるのではないかと勝…

ほそ道
pear-01.JPG

梨の皮の再利用法(健康発酵飲料「デール」を作る) (画像 3枚)

カラハナソウでビールもどきを作っていたら、現代社会の恩恵を利用して家庭で作れる発酵飲料は予想していたより多そうだということに気付いた。 麦茶+カラハナソウ+砂糖+ヨーグルト+イーストでビーノレならば、「麦茶」と「イースト」の部分は「果物の皮から抽出した酵母液」でイケるのではないかと思いたち、梨の皮…

大人の実験室
01.JPG

麦茶と陳皮でビールもどきを作る (画像 5枚)

カラハナソウでビールを作る記事が意外と好評なので続編。 前回のまとめ。昔の醸造は糖分の確保が困難だったために麦芽や果物を使っていたが、現在は技術が進歩して砂糖が簡単に手に入る時代なので、酵母に食わせる糖分は砂糖で良し、後はビール風味を望むなら麦茶を用いれば良く、苦味が欲しいならカラハナソウを使う…

大人の実験室
00.JPG

料理ができない人でも作れる鶏むね肉料理 (画像 18枚)

鶏のむね肉は、肉類の中では比較的安価なことから、家計の節約に役立つが、淡白な味と筋繊維が多いことに起因するパサパサした食感から好みが分かれやすい。 しかし、筋繊維が多い=脂肪分が少ないことから、調理しやすいという長所もある。 そこで、料理初心者でも実現可能な鶏むね肉料理のレシピを3種類ほど覚書。…

かて飯